通関情報調査室

AEO輸出者ではたらく、元通関士のブログ

通関の仕事(輸出申告までに何をしているか?)

むかし、航空貨物の輸出の通関士をしていました。

通関部門の仕事って、通関士だけがやっているわけではありません。むしろ、通関士以外の通関業務従業者の仕事のほうが重要かもしれません。通関士の審査までに、実はいろいろやっているんです。

通関士以外でもできる仕事:申告書作成

通関書類受領

通関部門では、営業部門を経由してお客様の通関書類を受領します。
申告書作成担当者は、

  • 申告に必要な書類が揃っているか
  • 受領した書類に不備がないか
  • 品目分類に足る情報があるか

を確認します。
具体的には、該非判定書が揃っているか、判定根拠は妥当か、型名が一致するか。インボイスに貨物個数、決済方法、インコタームズ、原産国が記載されているか。品名からHSコードを決められるか。減免税申告であれば条件を満たす書類が揃っているか。を見ています。情報が足りなければ、営業部門に確認します。

申告書作成

申告するには、貨物を統計品目番号(統番)ごとに分類し、それぞれ申告価格を計算する必要があります。輸出統計品目表という分厚い紙の本をめくりながら、統番を探したり、比較したりします。よくある貨物の統番は10桁すべて記憶しています。

複数の品目がある場合は、線引きと呼ばれる作業をします。
インボイスに記載の品名ごとに鉛筆で線を引き、同じ統番になるかどうかを判断します。同じ統番になるものに対し、①②③...というように番号を付けてそれぞれの価格を計算します。

準備ができたら申告に必要な事項をNACCSに登録(事項登録)し、事項登録した内容をチェックします。特に注意するのは、

  • 輸出者符号(輸出者名)
  • インボイスの価格、桁数
  •  通貨種別
  •  輸出貿易管理令等他法令の有無

です。

通関士の資格を持っている新人よりも、資格を持っていないベテランのほうが、いうまでもなく仕事はこなせます。
ここだけのはなし、申告書作成までが完璧にできていれば、通関士は(審査はしますが)実質的にはほとんどやることがなくなります。

通関士の仕事:審査

通関士インボイス等関係書類を確認して、輸出申告書の内容を審査します。基本的には、申告入力控に記載されているほぼすべての項目を見ています。
最も重要なのがオレンジ部分次に緑色部分です。
黄色部分は通常の輸出申告では重要度は低いですが、減免税申告等の場合にはミスできないので重要度が上がります。

申告の基本情報
  • 輸出者名:絶対に間違えてはいけません。輸出者名を最後の文字まで見ておかないと、グループ会社名で間違えて申告してしまうこともありえます。
  • 最終仕向地外為法にも関係するので重要度は高いです。最終仕向地次第では、審査を特に慎重に行います。イラン、イラク北朝鮮、国連武器禁輸国、今ならロシア・ベラルーシ向けが出てきたら、いったん立ち止まると思います。
  • 申告種別・提出先:通常の輸出申告/特定輸出申告かの種別や申告先種別、提出先に誤りがないかを確認します。

輸出ライセンス、価格
  • 輸出承認証等区分・番号等:ライセンスを使うかどうか、使う場合はライセンス番号が正しいか、有効期限内かどうかを審査します。特例を適用する場合は、特例の条件を満たしているか、正しいコードが入力されているかを審査します。
  • 仕入書価格、FOB価格、BPR合計:通貨種別、桁数の誤りがないか注意します。BPRはベーシックプライスといい、統番を複数に分類したときに、按分した価格の合算値が自動で出てきます。計算に誤りがないかをBPR合計でチェックします。

品目欄
  • 価格再確認:申告価格(数量当たりの価格)が税関の価格レンジから外れると、高いか安いかが表示されます。表示が出たら、申告価格、申告数量、統番に誤りがないかを再確認します。誤りがなければ、税関に高いまたは安い理由を説明できるよう、お客様に問合せます。税関に説明しないままにしておくと、あとから必ず理由を問われます。
  • 関税法70条関係、輸出令別表:該当項番、該当する法令をコードで入力します。入力したコードが正しいかも注意します。

審査の段階で、誤り等見つかれば何度でも訂正できます。しかし、申告ボタンを押したら最後、基本的に後戻りはできません。通関士は緊張感をもって申告ボタンを押します。

申告後許可まで

多くの申告は即時許可になります。しかし、最終仕向地や統番などによって、またはランダムで、税関の書類審査や貨物検査になります。

書類審査や貨物検査で時間を喰っていると、社内関係部門から「早く許可を切って」「あと〇〇分で許可ください」と急かされることもあります。でも、許可を切るのは通関士ではなく、税関ですので、そんなこと言われてもどうしようもありません。税関が審査・検査をしていると答えて、あとは適当に聞き流します。

こんなことが私の日々の仕事でした。

 

税関の審査についてはこちらをご参考に。customsinfo.hatenablog.com

中国はどこから半導体製造装置を輸入しているのか?

日本、米国、オランダが対中半導体規制で合意したというニュースがありました。

www.bloomberg.co.jp

そこで今回、中国はどこから半導体製造装置を輸入しているのかを調べてみました。このデータはかなりインパクトがあります。

なんと日本のシェアが約30%でトップ! 日本強い。
さらに、日本、米国、オランダ、3か国のシェアは合計60%超です。これは効きます。3か国が連携する理由もよくわかります。

が、装置メーカーにとっても痛い。
ただ、すで受注している分はキャンセルできず、出荷するのかもしれません。法令改正時にも猶予期間がおかれるはずです。
ちなみに、半導体製造装置のリードタイムは、コロナ禍前3〜6か月、コロナ禍以降12〜18か月、2022年に入って18~30か月という情報もあります。

 

さぁ、どうなることやら。

 

参考 日本からの輸出実績データ↓

customsinfo.hatenablog.com

対中半導体規制の強化 半導体製造装置の輸出実績を振り返る

本日1/27、米国による対中半導体規制【半導体製造に必要な品目の禁輸】に日本とオランダが参加する、とのニュースがありました。

www.bloomberg.co.jp

この規制がはじまると、目に見える形で影響が出てくることが予想されます。
半導体製造装置の過去の輸出実績を見てみると、直近4-5年の中国の伸びがすごいです。ぜひパソコンでグラフをみてください。

中国の伸びは確実に止まるでしょう。ただ、これまでの装置の平均単価をみると若干安いので、最先端の半導体製造装置は少なかったとも考えられます。さぁ、1年後2年後の世界は、どのようになっているでしょうか?

ちなみに、この貿易統計のスタートは2007年からです。なぜかというと、半導体製造装置というHSコードは2007年にできたからです。
2006年までは、露光装置、コータ/デベロッパーなど、それぞれ別の分類でした。しかも、全く異なる他の品目に紛れて分類していたので、あとから取り出すことができません。

盆栽の輸出

植物検疫所が盆栽の輸出説明会を2月に開催します。なるほど盆栽は海外でも人気がありそうです。通関(検疫含む)の難易度がどの程度なのか?気になったので調べてみました。

輸出しようとするときに一番最初にあたまに浮かぶのは「土」です。植物防疫法7条では輸入禁止となっていますし、海外でもおそらく輸入は難しいと思います。

盆栽の場合、輸出先国により条件は異なりますが、土を除去したり、消毒したりという対応が必要とのことです。

植物検疫に合格して、いよいよ輸出通関となったら

HSコードは 0602.90
輸出統計品目表における盆栽への分類は、植物防疫所より発給された合格証明書の品名欄に「BONSAI TREE」と記載されているものに限られます。通関士、要注意です

輸送中の環境にも注意は必要になりそうですが、検疫さえクリアできれば、通関はあまり難しくなさそうです。

ただ、過去には輸出検疫を受けず罰金刑(30万円)となった事例もあります。定められた手順はきちんと守らないといけません。

最後に2022年の盆栽の輸出実績です。

税関ごとに特色あり| 貿易概況まとめ

先週は、2022年の日本の貿易赤字が過去最大というニュースが出ていました。

同じタイミングで、各税関が管内の貿易統計をそれぞれ発表しています。輸出入主要3品目を見ると、税関ごとにこんなに特色があるんだ!と驚かされました。

2022年貿易統計(速報)2023年1月発表分より、品名表記を若干統一

日本全国

   輸出        輸入
1位 自動車       原油及び粗油
2位 半導体等電子部品  液化天然ガス
3位 鉄鋼        石炭

函館税関

   輸出        輸入
1位 魚介類及び同調製品 原油及び粗油 
2位 一般機械      石炭
3位 鉄鋼        天然ガス及び製造ガス

東京税関

   輸出        輸入
1位 半導体等製造装置  医薬品
2位 科学光学機器    IC
3位 IC         通信機

横浜税関

   輸出        輸入
1位 自動車       原油及び粗油
2位 鉄鋼        液化天然ガス
3位 石油製品      石炭

名古屋税関

   輸出        輸入
1位 自動車       原油及び粗油
2位 自動車の部分品   液化天然ガス
3位 原動機       自動車

大阪税関

   輸出        輸入
1位 半導体等電子部品  医薬品
2位 電気回路等の機器  原油及び粗油
3位 コンデンサー    衣類及び同附属品

神戸税関

   輸出        輸入
1位 建設用・鉱山用機械 無機化合物
2位 プラスチック    衣類及び同附属品
3位 無機化合物     たばこ

門司税関

   輸出        輸入
1位 自動車       原油及び粗油
2位 半導体等電子部品  石炭
3位 鉄鋼        金属鉱及びくず

長崎税関

   輸出        輸入
1位 船舶類       原油及び粗油
2位 再輸出品      石炭
3位 原動機       とうもろこし

沖縄地区税関

   輸出        輸入
1位 再輸出品      原油及び粗油
2位 石油製品      石炭
3位 金属鉱及びくず   天然ガス及び製造ガス

目で見て書きだしたため、抽出ミスがあったら申し訳ありません。

見ているだけで荷主をいろいろ想像できますねぇ。
通関士の方は、勤務場所によって全然異なる分野の知識が必要になるかもしれません。 

輸出申告したとき税関は何を審査しているか?

輸出通関は通関業者にすべてお任せですか?税関が何を審査しているか知っていますか?

税関の事務処理体制は決まっていて、そこにやることが書いてあるんです。そこから要点だけまとめました。大事なのは青色紫色の文字のところだけです。
「システム導入官署における輸出通関事務処理体制について (蔵関第 243号 平成12年3月31 日)」より

大まかな流れを知っているだけでも、実務で慌てることが減ると思いますよ。
これは、輸出通関をスムーズに行うための前提知識です。

まずは、基本的な審査方法について

このあたりは皆さんよくご存じ「審査区分の選定と種類」

NACCSシステムを使用して輸出申告すると、NACCSにより申告内容が審査され、審査区分が自動的に選定されます。

審査区分は3種類です。

  1. 区分1(簡易審査扱) NACCSによる審査の結果、輸出許可とされたもの
  2. 区分2(書類審査扱) 書類審査を要するもの
  3. 区分3(検査扱)   検査(貨物確認及び書類審査を含む)を要するもの 

区分2、区分3の場合の「審査方式と受付管理事務」

審査は、「重点審査」又は「一般審査」の2方法。次の受付管理事務を行います。

  • 添付書類の有無の確認
  • 重点審査扱い又は一般審査扱いの決定
  • 審査区分の選定結果の変更の要否判定
  •  貨物確認※の要否決定
     ※他法令の該非確認、統計品目分類、知的財産侵害物品の認定等輸出申告についての適正な審査を行うために行う

ここがキモ!審査事務

審査方法

必要申告事項並びに必要添付書類の有無及び有効期限等に関する審査する。

その後、

  • 関税等の減免戻税条件の具備
  • 他法令による輸出規制
  • 統計品目分類
  • 数量・価格等に関する疑義

の発見と解明を中心として審査を行う。 

輸出貿易管理令別表第 1 及び別表第 2 の該非判定が困難なものについては、統括官→特別審査官→経済産業省に該非の判定を照会することがある。 

「重点審査」となるのは、区分2又は区分3のうち

  • 各種情報を総合的に勘案し抽出した申告
  • 輸出令別表第1又は別表第2の該非に疑義がある貨物に係る申告

この場合、前記⑴及び⑵に準じて審査を行うほか、必要に応じ判定システム※、各種資料・情報を活用し深度ある審査をする。 

※通関情報総合判定システムのことを指していると思われる。
 通関情報総合判定システムは、輸出入申告等の実績に加えて、輸出入申告等の審査、検査結果、非違実績、事後調査結果等を蓄積、不正輸出入の可能性の高い(ハイリスク)貨物、要注意人物等を選定

審査実施上の留意事項

 審査の過程において、以下の場合は処理方法が変更となることがある

  • 問題が複雑又は困難なため審査終了までに長時間を要する
  • 一般審査扱いとしていたが申告内容等から重点審査を行う必要がある
  • 区分 3 となっていないものについて貨物確認を行う必要がある
  • 検査方法等を変更する必要がある

検査のやり方「貨物確認」について

  1. 他法令の該非の確認、統計品目分類、知的財産侵害物品の認定等輸出申告についての適正な審査を行うため、貨物と申告内容との同一性の確認等必要な貨物確認を十分に行う
  2. 貨物確認の場所は、貨物の形態等により判断される。
    ・税関検査場へ貨物の搬入が物理的に困難などの場合 →  貨物の設置場所
    ・税関検査場へ貨物を搬入させることが容易な場合 → 税関検査場
    ・少量の見本確認でも支障ない場合 → 見本確認を活用
  3. 貨物確認を実施する際は、輸出者又は通関業者の立会いを求める。 

基本的に通関業者もこの内容に則した対応をしています。

重点審査になってしまうと面倒ですね。税関は一般審査か重点審査かを通関業者に教えてくれないと思いますが、税関からの問合せの雰囲気で予想がつくかもしれません。

いずれにしても、関係する書類は手を抜かずに準備しておきましょう。税関に言われたら準備する、では絶対ダメです。